2014年7月の記事一覧

涼しくする工夫で猛暑を乗り切る

観測史上最大とも言われた大型台風は東にそれて、今日はたいへん暑い一日でした。

もしや梅雨は明けたのか?とも思いましたが、まだしばらくはジメジメとした梅雨独特の天気が続くようです。

私の住んでいる神奈川県の湘南地方も気温は32℃と今シーズン最高の気温を記録しました。

こんな暑い日はとにかく水分補給が大切です。

私のオフィスの水宅配のウォーターサーバーも、今日は一日大活躍という感じでした。

私も入れた5名の小さな会社ですが、この暑さでは30分おきに水を飲むといった有様です。

本当はエアコンを入れたいのですが、ウチは女性ばかりの会社で、みんなクーラーが苦手なのです。

もちろん梅雨が明けて真夏日が続くようになればクーラーはつけますがね。

とにかく怖いのは熱中症です。

熱中症というと屋外でのスポーツや作業の際に起きるものと考えられがちですが、風通しの悪い室内であれば熱中症の可能性はあるのです。

幸い当社のオフィスは風が入るのでそこまで暑苦しくはないのです。

またクーラーのキライな女性陣は涼しくする工夫も上手でして、風鈴やよしず、冷風機なんかも自宅から持ってきてくれています。

私も実はクーラーが苦手で、サラリーマン時代にクーラーの効いたオフィスで朝の8時から夕方6時まで座りっぱなしで事務作業なんかしていて膝が痛くなったり、腰が痛くなりなんてことがしょっちゅうでした。

ですから、夏の暑い時期にはサマータイムと称して朝は日の出時刻の4:30に起床、夕方は17:00には完全に仕事を切り上げて帰宅し、夜は子どもと一緒に21:00にはベッドに入ります。

こうした規則正しい生活にきちんとした食事、そして宅配水の良質な水で水分補給をしていれば、猛暑の夏も元気いっぱい乗り切れるというわけです。

食事は夏に旬を迎えるピーマンやゴーヤ、オクラ、かぼちゃ、ナス、トマトといった色の濃い野菜をできるだけ生で積極的に食べることをおすすめします。

これも夏バテ予防にとっても効果的だと思いますよ。

熱中症対策に宅配水は私にとって必須アイテムと言えそうです。

2014年7月11日|