2014年3月の記事一覧

大雪の日に

すごい雪です。

あっという間に家の周りが真っ白な世界になり、屋根や、自転車や、車や電信柱や、木や、塀に雪が積もっています。

そして家の中は、冷蔵庫の中にでもいるみたいにヒンヤリとしています。

そして、この雪で飛行機も、車も、新幹線などの交通機関にも色々と影響が出て来ています。

しかも、今日が入試の大学もかなりあり、開始時間を遅らせるなどの対応をしていました。

こんなに大雪になるのは、16年ぶりとか20年ぶりになるそうですが、毎年冬に一度や二度は雪が降っているので、そんなにすごいのかな?と思うのですが、きっとまだまだ降り続くのだと思います。

想像がつきませんがさきほど、大雪警報が発令されました。

とはいえ、雪が降るのはやっぱり珍しいので、たまに窓からどれだけ雪が積もっているのかチェックしたりして、気にもしているのですが...。ドンドン降り積もっています。

今さっき、娘に本屋に一緒に来て欲しいと言われ、長靴に傘を持って雪の中、行ってきました。

外は、家にいるほど寒くなく、近所の子供達が走り回っていました。

しかも、転んだのか、お尻や肩の部分が濡れていました。

でも、何より元気です。こんなに楽しそうに遊んでいる子供達を久しぶりに見たような気がしました。

でも、外に出てまだ誰も踏み入れていない雪を見かけると、走って行って、踏んでみたくなります。

いや、思った時には、もう踏みに行ってました。もう、かなりの年齢になっているというのに、私の中の子どもの部分が目覚めてしまうのかと驚きます。

隣で娘も、一緒になって、きれいな雪を踏んでました。

多分、私が80歳になったとしても、この気持ちは変わらないモノだと思います。そして、娘も、きっとそうだと思います。

そういえば「♪雪やこんこ、あられやこんこ♪」という歌がありますが、その中で「犬は喜び庭駆け回る」とありますが、うちの犬は、寒いのがとても苦手なので、外に連れて行ってもすぐに帰りたがり、震えていました。それともうちは、洋犬なので、喜ぶのは日本産の犬なのかと疑問です。

または、犬が喜ぶのは、外ではなく「庭」限定なのかもしれませんが、残念ながらうちには庭がありません。いつか庭を持つ事ができたら、ぜひとも試してみたいです。

それにしても、うちの周りのお店は、この雪のせいで、営業時間を短くしているようです。

うちの息子は、バイトに出かけましたが、そこはどうなのかと気になりながら、外の雪とニュースを見ております。

2014年3月30日|

健康ライフを考えたおやつ

健康的な毎日を送るなら口にするもの、飲み物と食べ物に気をつけることが基本ですよね。

そんなことを考えると間食、おやつは悪いものという理解がなされています。

しかし、これはなんて魅力的なおやつなのでしょう。

私は、すぐに食いつきたくなってしまいますが、何よりそのレシピを考案しているのが、現役東大生が代表を務める「東大料理愛好会」です。

集中力や記憶力アップのもとになるカルシウム、DHAといった栄養素は、ふだんの食事では不足しがちなので、3食のほかに、おやつでも補っていこうという事で、様々な大学から料理好きの学生が集まって本まで出版しているそうです。

さすが東大生、すごいですね。

栄養素は、薬学部のメンバーが学術論文を読んで、下調べして、その上で、何十種類と試作したレシピから、実用的で、美味しい物を選んで掲載しているそうです。

見出しに「東大」とついているだけで、日本人の注目度が相当アップしていると思います。

まず、「疲れた脳が活性化」するメニューとして紹介しているのが、はちみつです。

はちみつのほとんどがブドウ糖と果糖でできているそうで、その中で、"脳のガソリン"と言われているブドウ糖は、勉強や仕事で集中しすぎて疲れた脳にものすごく効くそうです。

簡単にできるモノとしては、レモン果汁とはちみつを水やソーダで割った「はちみつレモン」がおすすめとの事。

その他には、サツマイモをカットして、フライパンでカリカリになるまで焼きはちみつとバターで和える「はちみつポテト」。

そして、集中力を持続させるのに必要なのがカルシウムという事ですが、その中でもチーズのカルシウムは、吸収率が高いそうです。

そこで考案されたのが角切りにしたバナナとクリームチーズを和え、春巻きの皮で巻き、油で揚げた「バナナチーズの春巻き」。

カロリーが気になるなら、豆腐とチーズで作る「豆腐チーズケーキ」なんていうメニューもあります。

そして、カルシウムたっぷりの煮干しを使った「煮干し粉かりんとう」なんて和風メニューもあったりします。

そして、脳の情報伝達に関わる神経細胞に欠かせないのがレシチンだそうで、使っている材料は、おから。

おからにパン粉や片栗粉、マヨネーズ、鶏ガラスープ、いりごま、などを混ぜて焼くだけの「おからナゲット」。レシチンは、脳の老化予防や動脈硬化予防もあるというので、受験生だけでなく、大人のお菓子としても良さそうです。

その他にも、「気分転換」になるおやつや「快眠」のためのおやつ「体調管理」のためのおやつなども紹介されているようです。

受験生はもちろんですが、大人もこういったメニューを参考にして、脳を活性化させておきたいですね。

2014年3月29日|